前へ
次へ

歯医者は常日頃進化しています

最近の歯医者は歯科衛生士による歯科衛生指導にウェイトをおいている歯医者が多くなっています。以前の歯科医院ならレントゲン技師の方が口腔内をレントゲン撮影していました。しかもレントゲン写真はきちんと先生の手元に用意されるまでかなりの日数を要していました。いまでは、レントゲン技術やCT技術が進歩しており、歯科衛生士がこれらの最新の機器類を取り扱い、パソコンを駆使して先生に患者のデータを提供します。歯科衛生士は歯石を除去したりブラッシング指導を行ったりする仕事に以外にも沢山の仕事をこなしています。歯科衛生士は特に口腔内状況のデータ化、カメラやCTスキャンをして撮影からデータの提供まで全ての様々な業務を実施しています。診察台の前にはモニターが設置され、撮影されたCTデータなどが即座にモニターに写しださえます。先生もこれらのデータを患者と一緒に見ながら患者の口腔内の状況を把握と説明を行っていきます。

Page Top